エアキラー CAP50

クラフトるうむさんのハンドランチグライダーは2機程制作したことがあるけど、バルサキットの制作は初めて。はたしてうまく作れるか???


最近ここいらのメーカーさんのARFが高価で買えない。
フィルムの余りもあるし、格安で高性能な機体を手にする為購入(ネットオークションで)。

パワープラントはブラシレスモーター リポ5セルの予定

制作。本来は定盤の上で作るのがベストだけど、この機体が乗っかるサイズの定盤を買うと、ARFキットの値段をを超す。制作したいという気持ちで買ったのではないし、また別のバルサキットに手を出す可能性は低そうなので、ホームセンターで板きれを購入。
1片3cmx10cmのパイン材とやらが何個も組み合わされて 曲がりにくい という うたい文句に心を動かされ購入。夏目漱石様1枚ちょい。右下に見えるのが サンダー。ホームセンターで夏目x2ちょい。接着剤も夏目1.5人分くらい使いそう。すでに樋口様の後ろ髪が見えてきた(TOT)。

少しできたところで 適当にならべてみる。

プロフィールプライマス50(YS63クラス)との主翼比較。この機体はOS52で飛ぶはず。でも主翼は70クラスの大きさがあるようだ。(実際CAP70とは翼長の違いは60mmCAP70はYS63ではパワーに余裕は無い。)パワープラントはYS63クラスのブラシレスユニットも選択していいかもしれない。ARF状態になって体重測定をしてから考えよう。

G202 29%との水平尾翼の大きさ比較。

2005年12月
つづく フライトは春先予定。G202の制作の為 箱にほかりこんだ。